日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

海老名市TSUTAYA図書館で貸し出される“トンデモ本”の中身

 愛知県小牧市が4日、住民投票によって「TSUTAYA(ツタヤ)図書館」建設に「NO」をつきつけた。ツタヤ図書館とは、自治体がレンタル大手「TSUTAYA」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)に運営を委託するもので、官と民のコラボとして全国的に注目を集めているが、トラブルも多い。

 1日にリニューアルオープンした神奈川県海老名市のツタヤ図書館では、複数のトンデモ本が貸し出されていることがわかり、波紋を広げている。そのタイトルは「タイ バンコク 夜遊び地図」。タイ版ソープランドを女性の写真付きで紹介するなど、内容は“卑猥”そのもの。児童書などと一緒に並んでいるのだから仰天。税金を使って提供する本ではないだろう。

■武雄市の図書館では“ラインナップ”問題視

 海老名市教育委員会教育指導課はこう説明する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事