• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
宇多川藍子
著者のコラム一覧
宇多川藍子ラブホの受付係

1980年代生まれのアラサー女子。旅行関係への就職を目指すも、花形の代理店や航空会社は軒並みエントリーシートでサヨナラ。就職浪人する余裕もなく、面接を受けまくったら、縁あってラブホ業界に拾われた。新人研修で同業他社の潜入調査を命じられるも、彼氏がいなくて、女同士で女子会してお茶を濁す。私生活でのラブホ利用は残念ながらなし。

上から目線の米国人が感動したサービス

 海外には、ラブホテルがないらしく、最近は海外の観光客もよく来られます。ビジネスホテルよりも浴槽が広く、ベッドも大きいため、リラックスできるのが受けているみたい。

 何より、独特の装飾を施したインテリア。ライトの色調を変えられたり、大人のオモチャが売…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事