• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

仲良し高じ死に憧れ 「同情自殺」から我が子をどう救う

 今月9日、東京・品川区の公立中学2年の少女2人(ともに13歳)が駅のホームから飛び降りて死亡した。

 この痛ましい事故で指摘されているのが「同情自殺」だ。心理学博士の鈴木丈織氏によると、同情自殺は思春期の女性にみられる現象。1人が「死にたい」と言い出すと、もう1人も潜在的に抱いていた自殺願望を強めてしまうのだ。鈴木氏が言う。

「死んでも自分が悪いんじゃない、友情のためなのだという言い訳をしながら命を絶ってしまうのです。同情自殺の特徴は3点。衝動的に死の行為に及ぶことと、親の“早く学校に行きなさい”など、ささいな言葉で生きるのが嫌になること。そして、確実に死ねる方法を選ぶこと。仲良しが高じて、死への憧れがうつってしまうのです」

■小中一貫校の閉塞感も焦点に

 今回の件で見逃せないのが、2人の少女が通っていたのが品川区立の小中一貫校だったこと。実は品川区は小中の一貫校化を進めていて、すでに6校が存在する。ところが過去に、こうした一貫校の中学で中1男子が自殺する事件が2回起きている。そのため以前から「小中一貫校では中学に上がっても気持ちのリセットができない」と問題視する声が上がっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

もっと見る