仲良し高じ死に憧れ 「同情自殺」から我が子をどう救う

公開日:  更新日:

 今月9日、東京・品川区の公立中学2年の少女2人(ともに13歳)が駅のホームから飛び降りて死亡した。

 この痛ましい事故で指摘されているのが「同情自殺」だ。心理学博士の鈴木丈織氏によると、同情自殺は思春期の女性にみられる現象。1人が「死にたい」と言い出すと、もう1人も潜在的に抱いていた自殺願望を強めてしまうのだ。鈴木氏が言う。

「死んでも自分が悪いんじゃない、友情のためなのだという言い訳をしながら命を絶ってしまうのです。同情自殺の特徴は3点。衝動的に死の行為に及ぶことと、親の“早く学校に行きなさい”など、ささいな言葉で生きるのが嫌になること。そして、確実に死ねる方法を選ぶこと。仲良しが高じて、死への憧れがうつってしまうのです」

■小中一貫校の閉塞感も焦点に

 今回の件で見逃せないのが、2人の少女が通っていたのが品川区立の小中一貫校だったこと。実は品川区は小中の一貫校化を進めていて、すでに6校が存在する。ところが過去に、こうした一貫校の中学で中1男子が自殺する事件が2回起きている。そのため以前から「小中一貫校では中学に上がっても気持ちのリセットができない」と問題視する声が上がっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る