仲良し高じ死に憧れ 「同情自殺」から我が子をどう救う

公開日: 更新日:

 今月9日、東京・品川区の公立中学2年の少女2人(ともに13歳)が駅のホームから飛び降りて死亡した。

 この痛ましい事故で指摘されているのが「同情自殺」だ。心理学博士の鈴木丈織氏によると、同情自殺は思春期の女性にみられる現象。1人が「死にたい」と言い出すと、もう1人も潜在的に抱いていた自殺願望を強めてしまうのだ。鈴木氏が言う。

「死んでも自分が悪いんじゃない、友情のためなのだという言い訳をしながら命を絶ってしまうのです。同情自殺の特徴は3点。衝動的に死の行為に及ぶことと、親の“早く学校に行きなさい”など、ささいな言葉で生きるのが嫌になること。そして、確実に死ねる方法を選ぶこと。仲良しが高じて、死への憧れがうつってしまうのです」

■小中一貫校の閉塞感も焦点に

 今回の件で見逃せないのが、2人の少女が通っていたのが品川区立の小中一貫校だったこと。実は品川区は小中の一貫校化を進めていて、すでに6校が存在する。ところが過去に、こうした一貫校の中学で中1男子が自殺する事件が2回起きている。そのため以前から「小中一貫校では中学に上がっても気持ちのリセットができない」と問題視する声が上がっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る