• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

仲良し高じ死に憧れ 「同情自殺」から我が子をどう救う

 今月9日、東京・品川区の公立中学2年の少女2人(ともに13歳)が駅のホームから飛び降りて死亡した。

 この痛ましい事故で指摘されているのが「同情自殺」だ。心理学博士の鈴木丈織氏によると、同情自殺は思春期の女性にみられる現象。1人が「死にたい」と言い出すと、もう1人も潜在的に抱いていた自殺願望を強めてしまうのだ。鈴木氏が言う。

「死んでも自分が悪いんじゃない、友情のためなのだという言い訳をしながら命を絶ってしまうのです。同情自殺の特徴は3点。衝動的に死の行為に及ぶことと、親の“早く学校に行きなさい”など、ささいな言葉で生きるのが嫌になること。そして、確実に死ねる方法を選ぶこと。仲良しが高じて、死への憧れがうつってしまうのです」

■小中一貫校の閉塞感も焦点に

 今回の件で見逃せないのが、2人の少女が通っていたのが品川区立の小中一貫校だったこと。実は品川区は小中の一貫校化を進めていて、すでに6校が存在する。ところが過去に、こうした一貫校の中学で中1男子が自殺する事件が2回起きている。そのため以前から「小中一貫校では中学に上がっても気持ちのリセットができない」と問題視する声が上がっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る