• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

梅雨前に激増する「股間がかゆい!」は性病とは限らない

「セックスはご無沙汰なのに、股間がかゆくてたまらない。何かヤバい病気にかかっているのかも」――。こんなパンツの中のトラブルに人知れず悩んでいる方も多いのではないか? どんなことが考えられるのか。サラリーマンの病気に詳しい、弘邦医院(東京・葛西)の林雅之院長に聞いた。

■汗に含まれる塩分が刺激に

 田中義男さん(仮名、40歳)は最近、股間のかゆみに苦しんでいる。袋(陰嚢)が湿っぽく、酸っぱいにおいが漂い、かゆくて仕方がない。特に夜寝る前にかゆみがひどい。赤くただれてヒリヒリ痛むまでかいても、一向に治まらない。思い余って氷を押し付けたり、熱いお湯をかけたりもしたがムダだった。

「股間のかゆみ=性病をイメージしていた田中さんは、“病気をうつすのではないか”と心配して女性に積極的にならなかったそうです。しかし、性病以外にも股間がかゆくなる病気はいくらでもあります。陰嚢にしつこいかゆみを感じる田中さんの病気は、俗にいうタムシ、陰嚢湿疹でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る