梅雨前に激増する「股間がかゆい!」は性病とは限らない

公開日: 更新日:

「セックスはご無沙汰なのに、股間がかゆくてたまらない。何かヤバい病気にかかっているのかも」――。こんなパンツの中のトラブルに人知れず悩んでいる方も多いのではないか? どんなことが考えられるのか。サラリーマンの病気に詳しい、弘邦医院(東京・葛西)の林雅之院長に聞いた。

■汗に含まれる塩分が刺激に

 田中義男さん(仮名、40歳)は最近、股間のかゆみに苦しんでいる。袋(陰嚢)が湿っぽく、酸っぱいにおいが漂い、かゆくて仕方がない。特に夜寝る前にかゆみがひどい。赤くただれてヒリヒリ痛むまでかいても、一向に治まらない。思い余って氷を押し付けたり、熱いお湯をかけたりもしたがムダだった。

「股間のかゆみ=性病をイメージしていた田中さんは、“病気をうつすのではないか”と心配して女性に積極的にならなかったそうです。しかし、性病以外にも股間がかゆくなる病気はいくらでもあります。陰嚢にしつこいかゆみを感じる田中さんの病気は、俗にいうタムシ、陰嚢湿疹でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る