梅雨前に激増する「股間がかゆい!」は性病とは限らない

公開日: 更新日:

「セックスはご無沙汰なのに、股間がかゆくてたまらない。何かヤバい病気にかかっているのかも」――。こんなパンツの中のトラブルに人知れず悩んでいる方も多いのではないか? どんなことが考えられるのか。サラリーマンの病気に詳しい、弘邦医院(東京・葛西)の林雅之院長に聞いた。

■汗に含まれる塩分が刺激に

 田中義男さん(仮名、40歳)は最近、股間のかゆみに苦しんでいる。袋(陰嚢)が湿っぽく、酸っぱいにおいが漂い、かゆくて仕方がない。特に夜寝る前にかゆみがひどい。赤くただれてヒリヒリ痛むまでかいても、一向に治まらない。思い余って氷を押し付けたり、熱いお湯をかけたりもしたがムダだった。

「股間のかゆみ=性病をイメージしていた田中さんは、“病気をうつすのではないか”と心配して女性に積極的にならなかったそうです。しかし、性病以外にも股間がかゆくなる病気はいくらでもあります。陰嚢にしつこいかゆみを感じる田中さんの病気は、俗にいうタムシ、陰嚢湿疹でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  2. 2

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  3. 3

    NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

  4. 4

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  5. 5

    安倍首相「他の制度示した人いない」年金議論ガン無視発言

  6. 6

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  7. 7

    八村塁もいずれは大富豪 NBA選手の副収入が“ハンパない”

  8. 8

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  9. 9

    日ハム輝星は3回5失点KOでも…中日打者から相次ぐ称賛の声

  10. 10

    ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る