梅雨前に激増する「股間がかゆい!」は性病とは限らない

公開日:  更新日:

「セックスはご無沙汰なのに、股間がかゆくてたまらない。何かヤバい病気にかかっているのかも」――。こんなパンツの中のトラブルに人知れず悩んでいる方も多いのではないか? どんなことが考えられるのか。サラリーマンの病気に詳しい、弘邦医院(東京・葛西)の林雅之院長に聞いた。

■汗に含まれる塩分が刺激に

 田中義男さん(仮名、40歳)は最近、股間のかゆみに苦しんでいる。袋(陰嚢)が湿っぽく、酸っぱいにおいが漂い、かゆくて仕方がない。特に夜寝る前にかゆみがひどい。赤くただれてヒリヒリ痛むまでかいても、一向に治まらない。思い余って氷を押し付けたり、熱いお湯をかけたりもしたがムダだった。

「股間のかゆみ=性病をイメージしていた田中さんは、“病気をうつすのではないか”と心配して女性に積極的にならなかったそうです。しかし、性病以外にも股間がかゆくなる病気はいくらでもあります。陰嚢にしつこいかゆみを感じる田中さんの病気は、俗にいうタムシ、陰嚢湿疹でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  9. 9

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る