• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女性作家が多数取材 イケてる“熟メン”2つの共通点とは

 相変わらず、“死ぬまでセックス特集”が週刊誌を賑わしている。読んでみると、ギンギンになって暴れ回るお歴々のエピソードが次々と紹介される。40~50代で早くも枯れ始めている身にはうらやましい限り。どうすればそうなれるの?

「50~60代、上は70代まで“現役生活”を楽しんでいる男女はたくさんいます。とにかく、あきらめないことです」

 こう言うのは、そのままズバリのタイトル「熟年セックスのリアル」(イースト・プレス)を出版した作家の加藤文果さん。現役を引退し、普通に年金生活をしているような熟年男性ばかりを取材したという。

 加藤さんによると、イケてる熟メンには共通点があるという。ひとつは「女性が好き、女性とセックスしたい」という気持ちを素直に出すこと。もうひとつは、ED治療薬やオモチャなどの“手段”に抵抗感を持たず、むしろ好奇心旺盛に臨むことだそうだ。実例を挙げてもらった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る