女性作家が多数取材 イケてる“熟メン”2つの共通点とは

公開日:  更新日:

 相変わらず、“死ぬまでセックス特集”が週刊誌を賑わしている。読んでみると、ギンギンになって暴れ回るお歴々のエピソードが次々と紹介される。40~50代で早くも枯れ始めている身にはうらやましい限り。どうすればそうなれるの?

「50~60代、上は70代まで“現役生活”を楽しんでいる男女はたくさんいます。とにかく、あきらめないことです」

 こう言うのは、そのままズバリのタイトル「熟年セックスのリアル」(イースト・プレス)を出版した作家の加藤文果さん。現役を引退し、普通に年金生活をしているような熟年男性ばかりを取材したという。

 加藤さんによると、イケてる熟メンには共通点があるという。ひとつは「女性が好き、女性とセックスしたい」という気持ちを素直に出すこと。もうひとつは、ED治療薬やオモチャなどの“手段”に抵抗感を持たず、むしろ好奇心旺盛に臨むことだそうだ。実例を挙げてもらった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る