• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女性作家が多数取材 イケてる“熟メン”2つの共通点とは

 相変わらず、“死ぬまでセックス特集”が週刊誌を賑わしている。読んでみると、ギンギンになって暴れ回るお歴々のエピソードが次々と紹介される。40~50代で早くも枯れ始めている身にはうらやましい限り。どうすればそうなれるの?

「50~60代、上は70代まで“現役生活”を楽しんでいる男女はたくさんいます。とにかく、あきらめないことです」

 こう言うのは、そのままズバリのタイトル「熟年セックスのリアル」(イースト・プレス)を出版した作家の加藤文果さん。現役を引退し、普通に年金生活をしているような熟年男性ばかりを取材したという。

 加藤さんによると、イケてる熟メンには共通点があるという。ひとつは「女性が好き、女性とセックスしたい」という気持ちを素直に出すこと。もうひとつは、ED治療薬やオモチャなどの“手段”に抵抗感を持たず、むしろ好奇心旺盛に臨むことだそうだ。実例を挙げてもらった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る