シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

ポルノ俳優はコンドームを着用すべき? 米加州で住民投票

公開日: 更新日:

 ポルノ俳優はコンドームをつけるべきか?

 カリフォルニアではこのジョークのような案件が住民投票にかけられることになり、11月8日、州民は大統領選への一票と同時に、その可否を選択しなければならないと話題になっています。

 カリフォルニア州法では、ある一定の署名があればさまざまな議題を住民投票にかけることができます。この「コンドーム案件」もそのひとつです。

 同州にはハリウッドもあるため、当然、ポルノ産業も盛ん。年間10億ドルから20億ドルといわれる巨大マーケットを構成しています。

 今回のコンドーム案件は、「ポルノ俳優たちをHIVなどの感染から守る」という名目です。しかし、ロサンゼルス・タイムズをはじめとするメジャー新聞がこぞって大反対を表明しています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る