シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

ポルノ俳優はコンドームを着用すべき? 米加州で住民投票

公開日: 更新日:

 ポルノ俳優はコンドームをつけるべきか?

 カリフォルニアではこのジョークのような案件が住民投票にかけられることになり、11月8日、州民は大統領選への一票と同時に、その可否を選択しなければならないと話題になっています。

 カリフォルニア州法では、ある一定の署名があればさまざまな議題を住民投票にかけることができます。この「コンドーム案件」もそのひとつです。

 同州にはハリウッドもあるため、当然、ポルノ産業も盛ん。年間10億ドルから20億ドルといわれる巨大マーケットを構成しています。

 今回のコンドーム案件は、「ポルノ俳優たちをHIVなどの感染から守る」という名目です。しかし、ロサンゼルス・タイムズをはじめとするメジャー新聞がこぞって大反対を表明しています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

もっと見る