• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

都民ファーストは「子どもを守る」条例を先行提出の構え

 東京都の動きも目が離せない。7月の都議選で大勝した都民ファーストの会(以下都民F)が9月の都議会定例会にどんな条例案を提出してくるのか。都議選では14の基本政策を掲げ、その大半で「条例をつくります」と公約していただけに、注目が集まるところだ。

 最大与党となった都民Fは7月下旬から8月初旬にかけ、来年度の予算案編成を前に事業団体からヒアリングを行った。最終日には東京都医師会の尾﨑治夫会長が出席し、「受動喫煙防止対策の徹底」を訴えた。ヒアリング終了後に記者会見した都民Fの増子博樹幹事長の口からは意外な発言が飛び出した。

「罰則規定は関係当局と協議が必要で時間がかかる。罰則規定のない子どもの条例から取り掛かる」

 選挙前、小池都知事(都民F最高顧問=選挙戦中は代表)は受動喫煙防止対策の必要性を繰り返し強調。顔写真入りの選挙用ビラの中でも「見せかけではない『真』の受動喫煙防止条例(罰則付き)をつくります」と主張していた。それでいながら選挙が終わったら、厄介なことは後回しということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る