二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

立川談四楼さん<中>

公開日:

二木 談志師匠ですが、笑点の司会の期間は意外と短かったですね。

談四楼 人気が出たころ、スポンサーがもう少し穏やかにと言い出した。何しろ、ブラックジョークを平気でやっていましたからね。笑点は自分で作って自分で降りたようなものです。

二木 入門して談志師匠の存在は別格でしたか。

談四楼 もちろん別格で、談志しか見えていなかった。弟子時代、出入りしている噺(はなし)家さんをそこらのおじさんと間違えたりしましたよ。そのうちにいろんな噺家の存在を知るようになり、層の厚さを実感しましたね。

二木 失礼な言い方ですが、談志師匠のところに入門して迷惑は受けませんでしたか。

談四楼 あの外づらだけだったら一門が50人にまで膨れ上がらなかったですよね。営業の顔と弟子や孫弟子への顔は違いましたよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る