東京都の条例はわずか1時間半の審議で成立

公開日: 更新日:

 豊島区が条例案の上程見送りを明らかにした9月29日、くしくも都議会厚生委員会で、都民ファーストの会(都民F)、公明、民進3党が提出した「東京都子どもを受動喫煙から守る条例案」の審議が行われた。

 都民Fの岡本光樹都議が「子どもは自らの意思で受動喫煙を防げない。啓発のために条例が必要」と提案理由を説明。審議は自民、共産都議が問題点や疑問点を問いただし、岡本氏が答弁する形で進んだ。「条例の必要性がない」「法は家庭に入らず。介入については慎重な議論が必要」「実態調査がない」「来年の都の受動喫煙防止条例と合わせ継続審議とすべき」などの主張や反対意見に、岡本氏は啓発の必要性を繰り返し、「子どもの健康、生命を守るという観点からすると、(家庭内での受動喫煙による被害は)児童虐待に近い」などといった持論を展開したが、議論はすれ違いで、深まりを見せないまま終了した。この間、約1時間30分だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る