• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ストリップ劇場に“異変” 女性客が過半数占める密かな理由

「あるOLさんはランチタイムに抜け出して観賞。いったん会社に戻って、また夜に戻ってくると言っていました」

 ストリップを愛する女性たちが増えている。この5~6年ストリップ通いを続け、2015年9月からはストリップ劇場で受付のアルバイトをしている官能小説家の加藤文果さんは「演目によっては過半数が女性客で男性客を超える。少ない時でも1割は女性客です。一人客もいればグループ客も。ストリップ通いが日常化しているOLさんもかなりいます」と話す。

 加藤さんが通い始めた頃は、「女が来るんじゃねえ」といった冷たい視線を浴びることが度々あった。“変化”を感じたのは、16年末。

「BL(ボーイズラブ)風のチームショーが大当たり。劇場内が女性客の熱気で包まれました。これを機に特定の踊り子さんのファンになり、あちこちの劇場へ足を延ばすようになったという女性の話をよく聞きます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る