ストリップ劇場に“異変” 女性客が過半数占める密かな理由

公開日:

「あるOLさんはランチタイムに抜け出して観賞。いったん会社に戻って、また夜に戻ってくると言っていました」

 ストリップを愛する女性たちが増えている。この5~6年ストリップ通いを続け、2015年9月からはストリップ劇場で受付のアルバイトをしている官能小説家の加藤文果さんは「演目によっては過半数が女性客で男性客を超える。少ない時でも1割は女性客です。一人客もいればグループ客も。ストリップ通いが日常化しているOLさんもかなりいます」と話す。

 加藤さんが通い始めた頃は、「女が来るんじゃねえ」といった冷たい視線を浴びることが度々あった。“変化”を感じたのは、16年末。

「BL(ボーイズラブ)風のチームショーが大当たり。劇場内が女性客の熱気で包まれました。これを機に特定の踊り子さんのファンになり、あちこちの劇場へ足を延ばすようになったという女性の話をよく聞きます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る