国交省が旗振るも…女性タクシードライバー増加への課題

公開日:

 女性のタクシードライバーが増えているのではないか。そう思って調べてみると、国交省が音頭をとっていた。2014年から女性タクシードライバーを増やす取り組みを打ち出し、翌15年には「交通政策基本計画」を閣議決定。全国の女性ドライバーの数を20年までに13年の約2倍の1万4000人に増やすことを目指しているのだ。

 16年には「女性ドライバー応援企業」認定制度をスタート。女性ドライバーを積極的に採用したり、働きやすい環境づくりに取り組んだりするタクシー会社をHPで公表している。

 そんな政策の結果はどうなのか。

 全国ハイヤー・タクシー連合会(全タク連)の調べによると、17年3月末現在の女性タクシードライバーは、7292人。前回調査の15年から6%増だが、全体に占める割合は2.7%。上げ幅はわずか0.2ポイント。思うように増えていない。全タク連の広報担当者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る