不妊治療専門医の調査で判明 “床オナ”で生じる性機能障害

公開日:

「セックスが体にいいというデータは山ほどあるのですが、マスターベーションに関しては詳細な報告がなかったんです」

 こう話すのは、独協医科大埼玉医療センター泌尿器科の小堀善友医師。男性不妊症の診断・治療を専門とする。

 小堀医師は昨年、本邦初となるマスターベーションに関する調査を実施。対象は15~64歳の日本人男性2392人。

「マスターベーション頻度1位は神奈川県の週3・77回、ワーストは徳島県の週1.95回」「マスターベーション時の姿勢1位は《椅子に座る》。次いで、あおむけ、横寝、あぐら、うつぶせの順」など、さまざまな実態があらわになったが、小堀医師が驚いた調査結果がこれ。

「15~39歳の10%が、マスターベーションの方法として、床にペニスを押し付けて射精する『床オナ』を挙げたのです。『力を込めて握る』も8%。予想以上の数です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る