• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不妊治療専門医の調査で判明 “床オナ”で生じる性機能障害

「セックスが体にいいというデータは山ほどあるのですが、マスターベーションに関しては詳細な報告がなかったんです」

 こう話すのは、独協医科大埼玉医療センター泌尿器科の小堀善友医師。男性不妊症の診断・治療を専門とする。

 小堀医師は昨年、本邦初となるマスターベーションに関する調査を実施。対象は15~64歳の日本人男性2392人。

「マスターベーション頻度1位は神奈川県の週3・77回、ワーストは徳島県の週1.95回」「マスターベーション時の姿勢1位は《椅子に座る》。次いで、あおむけ、横寝、あぐら、うつぶせの順」など、さまざまな実態があらわになったが、小堀医師が驚いた調査結果がこれ。

「15~39歳の10%が、マスターベーションの方法として、床にペニスを押し付けて射精する『床オナ』を挙げたのです。『力を込めて握る』も8%。予想以上の数です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事