• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不妊治療専門医の調査で判明 “床オナ”で生じる性機能障害

「セックスが体にいいというデータは山ほどあるのですが、マスターベーションに関しては詳細な報告がなかったんです」

 こう話すのは、独協医科大埼玉医療センター泌尿器科の小堀善友医師。男性不妊症の診断・治療を専門とする。

 小堀医師は昨年、本邦初となるマスターベーションに関する調査を実施。対象は15~64歳の日本人男性2392人。

「マスターベーション頻度1位は神奈川県の週3・77回、ワーストは徳島県の週1.95回」「マスターベーション時の姿勢1位は《椅子に座る》。次いで、あおむけ、横寝、あぐら、うつぶせの順」など、さまざまな実態があらわになったが、小堀医師が驚いた調査結果がこれ。

「15~39歳の10%が、マスターベーションの方法として、床にペニスを押し付けて射精する『床オナ』を挙げたのです。『力を込めて握る』も8%。予想以上の数です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る