女性誌調査で3割が活用 「出会いアプリ」どう使っている?

公開日:

 出会いがない人を結びつけるアイテムが、出会い系アプリだ。女性誌「an・an」の調査によると、出会いのキッカケは、「合コン」(18%)や「紹介」(27%)を抑えて「婚活アプリ」が28%でトップ。よく使われているらしいが、マジメに出会いを求めるものから、セックス目的の“ヤリ目”までさまざま。使い分けは? 男性に聞いた。

「フェイスブック広告にも出てくる『Pairs(ペアーズ)』と、『Tinder(ティンダー)』を使い分けています。Pairsは真剣な出会いを求めている子が多いので、プロフィルを見て本当にいいなと思って、マッチングしたらデート。Tinderは、プロフ欄は充実していなくて、アプリ上ではほとんど相手の情報がわからないので、マッチングした子を手当たり次第デートに誘います。相手も軽いノリの子が多いので、あわよくばその日に……という感じです」(28歳・メーカー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る