女性誌調査で3割が活用 「出会いアプリ」どう使っている?

公開日: 更新日:

 出会いがない人を結びつけるアイテムが、出会い系アプリだ。女性誌「an・an」の調査によると、出会いのキッカケは、「合コン」(18%)や「紹介」(27%)を抑えて「婚活アプリ」が28%でトップ。よく使われているらしいが、マジメに出会いを求めるものから、セックス目的の“ヤリ目”までさまざま。使い分けは? 男性に聞いた。

「フェイスブック広告にも出てくる『Pairs(ペアーズ)』と、『Tinder(ティンダー)』を使い分けています。Pairsは真剣な出会いを求めている子が多いので、プロフィルを見て本当にいいなと思って、マッチングしたらデート。Tinderは、プロフ欄は充実していなくて、アプリ上ではほとんど相手の情報がわからないので、マッチングした子を手当たり次第デートに誘います。相手も軽いノリの子が多いので、あわよくばその日に……という感じです」(28歳・メーカー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  7. 7

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

もっと見る