女性誌調査で3割が活用 「出会いアプリ」どう使っている?

公開日: 更新日:

 出会いがない人を結びつけるアイテムが、出会い系アプリだ。女性誌「an・an」の調査によると、出会いのキッカケは、「合コン」(18%)や「紹介」(27%)を抑えて「婚活アプリ」が28%でトップ。よく使われているらしいが、マジメに出会いを求めるものから、セックス目的の“ヤリ目”までさまざま。使い分けは? 男性に聞いた。

「フェイスブック広告にも出てくる『Pairs(ペアーズ)』と、『Tinder(ティンダー)』を使い分けています。Pairsは真剣な出会いを求めている子が多いので、プロフィルを見て本当にいいなと思って、マッチングしたらデート。Tinderは、プロフ欄は充実していなくて、アプリ上ではほとんど相手の情報がわからないので、マッチングした子を手当たり次第デートに誘います。相手も軽いノリの子が多いので、あわよくばその日に……という感じです」(28歳・メーカー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    「やじうまワイド」でMC 58歳の玉利かおるさんは今何を?

  8. 8

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  9. 9

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  10. 10

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る