• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

ニューヨーク5番街に「医療マリフアナ」なんと専門店が

 5番街といえば、ティファニー、ルイ・ヴィトン、アップルストア、そしてトランプタワーなどが立ち並ぶニューヨークの超高級ショッピング街。この5番街にこの春、ハイエンドの医療大麻専門店がオープンし話題を呼んでいます。

 医療大麻はアメリカ50州のうち、ニューヨークを含む29の州とワシントンDCで合法化されています。

 オピオイド系鎮痛剤の依存症が深刻な社会問題になっている中、医療大麻はそれに代わるナチュラルな鎮痛剤として、大きな注目を集めているのです。

 マンハッタンにもこれまで2軒の専門調剤薬局がありましたが、今回お目見えした「Medmen(メッドメン)」はロサンゼルスに本拠地を置く医療大麻の企業で、西海岸などに11店舗を構え、今回が初のマンハッタン進出となります。

 自らを「Cannabis(カナビス=大麻)のアップルストア」と呼ぶだけあって、インテリアはいかにもジーニアス・バーを意識したミニマルな明るい雰囲気。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  9. 9

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  10. 10

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

もっと見る