• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全国に飛び火する喫煙二重規制<下>

 平成25(2013)年4月に「受動喫煙の防止等に関する条例」を施行した兵庫県では、施行から5年経ち、条例の見直し強化に向けた動きが進んでいる。県は「兵庫県受動喫煙防止対策検討委員会」を設置し、これまでに4回開催された。メンバーは14人。うち医療・公衆衛生関係者が7人と、たばこ追放に熱心な委員が半数を占める。経営に影響を受ける事業者団体などは3人に過ぎない。

 一連の議論で委員からは「国よりも下のレベルではなく、もう一歩先へ行ってほしい」といった発言が飛び出している。そうしたなかで一部の委員からは「分煙自体がすでに無理。完全禁煙を実施するしかない」という強硬論や、飲食店経営について「これからは吸わない人8割、そして屋内は禁煙が常識である外国から来る人たちを中心に商売をしていくべき」と、喫煙者排除としか思えない主張まで出てきているのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る