全国に飛び火する喫煙二重規制<下>

公開日: 更新日:

 平成25(2013)年4月に「受動喫煙の防止等に関する条例」を施行した兵庫県では、施行から5年経ち、条例の見直し強化に向けた動きが進んでいる。県は「兵庫県受動喫煙防止対策検討委員会」を設置し、これまでに4回開催された。メンバーは14人。うち医療・公衆衛生関係者が7人と、たばこ追放に熱心な委員が半数を占める。経営に影響を受ける事業者団体などは3人に過ぎない。

 一連の議論で委員からは「国よりも下のレベルではなく、もう一歩先へ行ってほしい」といった発言が飛び出している。そうしたなかで一部の委員からは「分煙自体がすでに無理。完全禁煙を実施するしかない」という強硬論や、飲食店経営について「これからは吸わない人8割、そして屋内は禁煙が常識である外国から来る人たちを中心に商売をしていくべき」と、喫煙者排除としか思えない主張まで出てきているのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  9. 9

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  10. 10

    嵐・櫻井翔が24日に都内高級ホテルで結納?怪情報が拡散中

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る