漫画家やぶうちゆうさんが告白 「虐待サバイバー」の葛藤

公開日: 更新日:

 虐待事件が相次いでいる。加害者の親の行為は決して許されないが、加害者である親もまた虐待された経験があることが少なくないという。虐待の連鎖だ。裁判の過程で、子ども時代に親から暴力を受けたり、育児放棄をされていたり、あるいは精神疾患のある親のもとで育つなどで、まともな養育を受けていないことが明らかになることは珍しくない。だからといって、虐待を受けて育った人が、必ずしも我が子に同じことを繰り返すとは限らないのだ。子ども時代、虐待を受けながらも生きのびてきた「虐待サバイバー」でエッセー漫画家のやぶうちゆうさんに話を聞いた。

「虐待を受けた人が虐待を繰り返すと思われるのはつらい。ただ、受けずに育ってきた人と自分は違うという感覚もあります。私も子どもがいますが、初めての子育てはみんな、自分がどう育てられたかが土台になるでしょう。でも、虐待を受けてきた人は、それをやるわけにはいかないし、かといってどうしたらいいかわからない。他の人よりも精神的に大きな負担がかかっていることは確かです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る