漫画家やぶうちゆうさんが告白 「虐待サバイバー」の葛藤

公開日: 更新日:

 虐待事件が相次いでいる。加害者の親の行為は決して許されないが、加害者である親もまた虐待された経験があることが少なくないという。虐待の連鎖だ。裁判の過程で、子ども時代に親から暴力を受けたり、育児放棄をされていたり、あるいは精神疾患のある親のもとで育つなどで、まともな養育を受けていないことが明らかになることは珍しくない。だからといって、虐待を受けて育った人が、必ずしも我が子に同じことを繰り返すとは限らないのだ。子ども時代、虐待を受けながらも生きのびてきた「虐待サバイバー」でエッセー漫画家のやぶうちゆうさんに話を聞いた。

「虐待を受けた人が虐待を繰り返すと思われるのはつらい。ただ、受けずに育ってきた人と自分は違うという感覚もあります。私も子どもがいますが、初めての子育てはみんな、自分がどう育てられたかが土台になるでしょう。でも、虐待を受けてきた人は、それをやるわけにはいかないし、かといってどうしたらいいかわからない。他の人よりも精神的に大きな負担がかかっていることは確かです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  9. 9

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  10. 10

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

もっと見る