多田文明
著者のコラム一覧
多田文明詐欺・悪徳商法ジャーナリスト

1965年、北海道生まれ。詐欺・悪徳商法ジャーナリスト。近著に「最新の手口から紐解く 詐欺師の『罠』の見抜き方 悪党に騙されない40の心得」(スマートブックス)がある。

“回りくどさ”が騙しのポイント「電話番号が変わった詐欺」

公開日: 更新日:

「オレだけど、電話番号が変わったよ」

 70代の高齢男性の元にかかってきた一本の電話。「わかった」と言うと電話はあっさり切れる。再び電話がかかり、今度は「困ったことがあって、会社の金を使い込んでしまったんだ」と言う。

 なぜこんな回りくどいことをするのか?

 息子と信じた男性は郵便局へ貯金を下ろしに向かう。不審に思った局員が用途を尋ねるも、「姉の治療費と今後の葬式代に必要だ」と言い張り金を引き出してしまった。

 さて、このような単純にも思える特殊詐欺に、なぜ高齢者は騙されてしまうのか?

 実は最初の電話を早々に切り上げることで息子の声との違和感を気づかせないようにしている。そして、相手から返ってきた声の反応で騙せそうかを探っているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る