多田文明
著者のコラム一覧
多田文明詐欺・悪徳商法ジャーナリスト

1965年、北海道生まれ。詐欺・悪徳商法ジャーナリスト。近著に「最新の手口から紐解く 詐欺師の『罠』の見抜き方 悪党に騙されない40の心得」(スマートブックス)がある。

わかっていても騙される「NHKアポ電詐欺」の巧妙ぶり

公開日: 更新日:

 今年に入り、殺人事件にも発展した新手口、アポ電からの強盗事件が次々に発生した。

 1月には高齢者夫婦が襲われ、現金2000万円が奪われている。昨年のアポ電は都内だけで約3万4000件にものぼっている。静岡県でも高齢者を狙い生活情報や資産状況などを聞き出すアポ電が多発し、県警が注意を喚起している。

 しかも、その手口は巧妙化し、わずか1分半で情報を聞き出す早業だ。

 多田文明氏が「NHKアポ電と呼ばれる狡猾な手法が横行しています」とこう警告する。

「NHK局員を名乗り、実際の番組名を出して、アンケートの名目で電話をかけます。『お一人暮らしですか?』からはじまり、『お買い物はお一人で行かれますか?』と気遣うフリをしながら、銀行にお金を引き出しにいける体力があるのかを確認します。さらに『はい』か『いいえ』で気軽に答えられるように質問を工夫しています。極め付きは、『老後を見越した預貯金平均額の600万円より、上ですか下ですか?』との質問をして、資産状況を把握する。そこに『個人的な数字は聞けませんので』という前置きまで入れます。これでは高齢者はコロッと騙されてしまう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  10. 10

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

もっと見る