銀行も騙された…融資で獲物を落とす“ホワイト反社”の手口

公開日: 更新日:

 芸人を巡る反社会的勢力への闇営業問題は、吉本興業のお家騒動に発展。その行方が注目されているが、反社が一般の生活にひたひたと忍び寄っていることは間違いないだろう。芸人たちを「身から出たサビだろ」と笑い飛ばすことはできず、あんな悲劇がいつどこかでサラリーマンにも降りかかりかねないのだ。

 みずほ銀行暴力団融資事件がスクープされたのは2013年。暴力団への利益供与を禁じた「暴力団排除条例」が47都道府県で施行されてから2年後だった。反社を廃絶する流れは、さらに強まっているが、シェアハウスなど投資用不動産への不正融資で金融庁に一部業務停止命令を受けたスルガ銀行も、反社への融資が発覚。今なお反社が姿形を変えてサラリーマン社会に近づいていることがうかがえる。

 東京商工リサーチは3年前、暴排条例後の取り組みについて企業にアンケート。4461社の回答を分析している。会社として反社を排除する取り組みを行っているのは半数にとどまる。4割は「いいえ」だ。取引先の反社チェックについての質問には、約4割が「チェックしない」で、「まだチェックしていない」を合わせると6割を超えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  9. 9

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る