“オナニー世界一”の青年は今やTENGAグループ会社の役員に

公開日: 更新日:

佐藤雅信さん(TENGAヘルスケア取締役)=前編=

 スタイリッシュなデザインの“オナホール”など斬新なアダルトグッズを開発・販売する「TENGA(テンガ)」。そのグループ会社の代表を務める佐藤さんは、“だから”というべきか、性に関する類いまれな肩書を持つ。それは、オナニー元世界チャンピオン! 米国サンフランシスコで行われたオナニーの世界大会「マスターベータソン」(マスターベーションのマラソン)耐久時間部門で、2008年と09年に連続優勝。記録も1年目が9時間33分、2年目が9時間58分と、いずれも当時の世界新記録を更新した。当時、日本のマスコミでも“オナニーの申し子”と話題になったものだが、あらためてコトの顛末を聞いた。

「大会を初めて知ったのはテンガにアルバイトで入ったばかりのころ。ネットサーフィンで見つけました。もともとそういうことに興味があったし、持続力にも自信があったのですが、当時は会社が忙しくて海外に行くどころじゃなく……。それから2~3年たって、会社も海外展開しようという話になり、しかも自分が担当に抜擢されたので、“だったら市場調査ついでに出場したいのでお休みをください”と社長に直訴したら、“優勝したら旅費を出す”という条件で了解してもらいました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  2. 2

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  3. 3

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  4. 4

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  5. 5

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  6. 6

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    支離滅裂の消費増税 「政策」が人々の生活を狂わせている

  10. 10

    避難所でホームレスを追い返す 台東区職員のルンルン生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る