“オナニー世界一”の青年は今やTENGAグループ会社の役員に

公開日: 更新日:

佐藤雅信さん(TENGAヘルスケア取締役)=前編=

 スタイリッシュなデザインの“オナホール”など斬新なアダルトグッズを開発・販売する「TENGA(テンガ)」。そのグループ会社の代表を務める佐藤さんは、“だから”というべきか、性に関する類いまれな肩書を持つ。それは、オナニー元世界チャンピオン! 米国サンフランシスコで行われたオナニーの世界大会「マスターベータソン」(マスターベーションのマラソン)耐久時間部門で、2008年と09年に連続優勝。記録も1年目が9時間33分、2年目が9時間58分と、いずれも当時の世界新記録を更新した。当時、日本のマスコミでも“オナニーの申し子”と話題になったものだが、あらためてコトの顛末を聞いた。

「大会を初めて知ったのはテンガにアルバイトで入ったばかりのころ。ネットサーフィンで見つけました。もともとそういうことに興味があったし、持続力にも自信があったのですが、当時は会社が忙しくて海外に行くどころじゃなく……。それから2~3年たって、会社も海外展開しようという話になり、しかも自分が担当に抜擢されたので、“だったら市場調査ついでに出場したいのでお休みをください”と社長に直訴したら、“優勝したら旅費を出す”という条件で了解してもらいました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る