瀬戸大也は“メドレー不倫”コロナ禍で浮気に溺れるタイプは

公開日: 更新日:

「週刊新潮」に“4600円ラブホ不倫”をスッパ抜かれた競泳の五輪銅メダリスト、瀬戸大也(26)。1日発売の同誌(10月8日号)は〈瀬戸の不貞行為の相手は複数いた〉〈メドレー不倫〉などと報じている。

 詳細については同誌に譲るとして、乱倫の代償は計り知れない。

 瀬戸は9月30日、ANAから所属契約を解除され、今年1月に決まっていた競泳日本代表主将を辞退し、JOCの「シンボルアスリート」の解除も申し入れた。

 さらに瀬戸は女性誌に“モラハラ”も報じられており、「いくら謝ったところで、来年の東京五輪までに信頼回復できるとは思えませんね」(スポーツ紙担当記者)。

 それにしても瀬戸はなぜ、コロナ禍中なのに浮気に走ったのか。

 総合探偵社「MR」(東京)が、35~60歳の既婚男女128人を対象に実施した「コロナ禍における浮気・不倫についてのアンケート調査」によると、コロナ禍で浮気相手と直接会う機会が「増えた」という回答は18%に上り、その理由については「在宅勤務で時間が増えた」「ホテルが空いていた」「欲求不満だった」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る