ディープフェイク被害続出 一般人の偽動画は楽に作れる?

公開日: 更新日:

「ディープフェイク」が世間を騒がせている。

 今月に入ってディープフェイクのアダルト動画を作っていた21歳の大学生、47歳のSE、30歳の無職の男3人が、名誉毀損と著作権法違反の疑いで警視庁に捕まった。

 ディープフェイク動画とは、AIの「ディープラーニング(深層学習)」機能を使って作られた、精巧な「フェイク(偽)動画」のこと。

「ヌード写真に人気アイドルや女優の顔を張りつける“アイコラ(アイドルコラージュ)”の動画版みたいなものです。大学生らは国民的アイドルなどの画像や音声データを集め、それをAIに学習させ、アダルトビデオを基にディープフェイクを作っていた。完成度の高さから、ネット上では『職人』と呼ばれ、その気になっていたようですね」(捜査事情通)

 10分の動画を1本作るのに1週間かけていたというから、その労力をほかに傾けられなかったのかとも思うが、ディープフェイクはアダルト動画に限った話じゃない。昨年から今年にかけ、フェイスブックのCEOや米大統領候補らの偽動画も拡散されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  6. 6

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る