周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年に私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院卒業。週刊誌上で中国事情について執筆するほか、情報番組やバラエティー番組にも出演。通訳・翻訳の派遣会社を経営する傍ら、ジャーナリスト、タレント、ユーチューバー(「地球ジャーナル ゆあチャン」)としても活動。

中国人泥棒は日本社会に一大センセーションを巻き起こしたが、GDP逆転でピタリと減った

公開日: 更新日:

 10年間、民間の司法通訳人として手掛けたのは万引・窃盗などの軽犯罪、強盗・殺人などの凶悪犯罪、偽装結婚などの詐欺犯罪、旅券・外登証偽造などの知能犯罪など多種多様。この仕事に就くきっかけにもなった違法風俗の犯罪もある。中でも、一番多いのは万引、空き巣などの窃盗、つまり泥棒である。

 最近では、不良ベトナム人による鶏や豚などの家畜泥棒、ブドウやリンゴなどの果物泥棒が多発。ベトナム人の実習生や留学生がコロナ禍で生活苦に陥り、店先で万引をしたり、農家で窃盗をしたりするという。堂々とSNSを使って、盗品をインターネットで販売するので、すぐに足跡がつき、検挙され逮捕される羽目になる。

 同じ泥棒でも、中国人のやり方は違う。彼らはベトナム人のように身近なところではせず、3~4人でグループをつくり、朝からワゴンで遠く離れた郊外や地方都市に行き、昼間は下見、暗くなってから実行に移る。当時、中国ではまだ自動車が一般に普及しておらず、庶民たちはもちろん運転免許を持っていなかった。そのため、日本人を高い日当で雇い、レンタカーを借りるしかなかったが、日本人が車を運転することで、警察の検問も難なく通過できる。ターゲットは街のメガネ屋やドラッグストアなどで、一瞬で店の品を根こそぎ盗んでいくのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

  3. 3
    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

  4. 4
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 5
    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

  1. 6
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  2. 7
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 8
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  4. 9
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 10
    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま

    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま