ドル増発で展開してきた世界経済の終わり

公開日: 更新日:

 米国債のデフォルトが回避された。来年2月まで国債発行を認める暫定措置法案が議会を通過。政府機関の一部閉鎖も解除されるようだ。もっとも、期限を3カ月程度先に延ばしたところで、危機が消えるわけではない。ドルの増発を通して展開してきた世界経済は、いよいよ終盤に差し掛かっている。政府が経済をコントロールするケインズ政策も限界に達した。

 もしも増発が認められなければ、期限を迎える国債の償還はできなくなっていた。米国債は不渡りとなるわけだ。そんな債券を持っていようという投資家はいない。みんなが手持ちの米国債を売り、円なら円に替えようとするだろう。米国債は暴落し、長期金利は急騰する。銀行の貸出金利も、とてつもなく跳ね上がってしまう。企業はカネを借りられないし、設備投資は急速に冷え込む。世界は大不況に見舞われたはずだ。

 今回は、瀬戸際で危機を回避できた。だが、2月になれば、また同じ騒動が起きる。いつまでも借金をしてドルを刷り続けるわけにはいかない。世界はそう分析している。いずれドルは見向きもされなくなるだろう。ドルが基軸というか中軸になっているすべての構図は崩れるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る