1万5000円回復 「上昇相場」乗るなら年末まで

公開日: 更新日:

 日経平均は15日、半年ぶりに1万5000円台を回復した。終値は前日比289円51銭高の1万5165円92銭。停滞が続いていたのに、この1週間は一気に1000円超の上昇である。年末に向け株高基調は続くのか。個人投資家はどう動いたらいいのか。

 株価上昇の直接のキッカケは米国だ。米FRB次期議長に指名されたイエレン副議長が、金融緩和路線を当面踏襲すると公聴会で示唆。市場に買い安心感が広がった。「マーケットは『リスクオン』の状態になった」(証券関係者)のだという。ただ、理由はそれだけじゃない。

「株価の停滞に危機感を強めた安倍政権が、力ずくで円安株高に押し上げた面もあります。日経平均はこのままでは1万4000円割れもある状況でした」(東海東京証券チーフエコノミスト・斎藤満氏)

 実際、黒田日銀は過去最高レベルで資金をジャブジャブ供給していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る