大赤字ソニー 早くもささやかれ始めた「次期社長」の名前

公開日: 更新日:

 前期1284億円の巨額最終損失を出したソニーが22日、今年度の経営方針説明会を開いた。大赤字が明らかになってから平井一夫社長兼CEO(53)が公の場に姿を現したのは初めて。どんな発言をするのか注目されたが、正面を見据え堂々と話すプレゼンのうまさは相変わらずだったものの、出てくる言葉は空虚だった。

 メディアの関心はテレビ事業の売却だったが、平井社長は「テレビ事業は今期は黒字化が達成できる」と強気の見通しを示した。しかしこのセリフ、去年も聞いたのだ。結果は10年連続の赤字である。22日の説明会では、テレビだけでなくゲームやモバイル、カメラなど“頑張ってます”のオンパレードだったが、根拠が希薄。平井社長の言葉をもはや誰も信用しないだろう。

■会見では「背水の陣」表明

 唯一、プレゼンの最後に語ったセリフだけが意味深だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

もっと見る