大赤字ソニー 早くもささやかれ始めた「次期社長」の名前

公開日: 更新日:

 前期1284億円の巨額最終損失を出したソニーが22日、今年度の経営方針説明会を開いた。大赤字が明らかになってから平井一夫社長兼CEO(53)が公の場に姿を現したのは初めて。どんな発言をするのか注目されたが、正面を見据え堂々と話すプレゼンのうまさは相変わらずだったものの、出てくる言葉は空虚だった。

 メディアの関心はテレビ事業の売却だったが、平井社長は「テレビ事業は今期は黒字化が達成できる」と強気の見通しを示した。しかしこのセリフ、去年も聞いたのだ。結果は10年連続の赤字である。22日の説明会では、テレビだけでなくゲームやモバイル、カメラなど“頑張ってます”のオンパレードだったが、根拠が希薄。平井社長の言葉をもはや誰も信用しないだろう。

■会見では「背水の陣」表明

 唯一、プレゼンの最後に語ったセリフだけが意味深だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る