8月に92円台も…運用40年のプロが警告する“円高の夏”

公開日: 更新日:

 3日の寄り付きで株価は1万5000円を回復。「アベノミクス相場の第2幕」をあおるような雑誌の記事も目立ち始めた。イケイケムードも漂うが、うかつに今の相場に手を出すとヤケドしかねない。

「“円高の夏”を警戒しましょう。初夏を迎えた東京市場は米国株が堅調にもかかわらず、株安・円高基調にある。しかも、『冬は円安、夏は円高』という季節的な“アノマリー(経験則による規則性)”があり、早ければ今月中に1ドル=98円まで円高が進むかもしれません。そうなったら、8月に一気に92円をうかがう展開があるでしょう。為替は1年間に15%以内の範囲で上下するものですが、今年は半年間で上下4%程度しか動いていません。いざ動き始めたら、大きく崩れますよ」

 こう語るのは「ネクスト経済研究所」の斉藤洋二代表。日本生命などで40年間、為替・債券・株式の運用に携わってきた。ロイターで毎月書いているコラムの相場予想がビシバシ当たると評判だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  5. 5

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  10. 10

    故宮で贋作販売? 騙された日本人旅行者が生々しく証言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る