上昇率10%超が続々…「W杯関連銘柄」はもっと上がる!

公開日: 更新日:

 株式市場もブラジルW杯開幕に向け盛り上がってきた。日経平均は6月に入り1万5000円台を回復したものの、ここ数日は伸び悩んでいる。市場関係者は、「1万6000円に乗せるには、日本代表の活躍が欠かせない」という。

 松井証券シニアマーケットアナリストの窪田朋一郎氏も言う。
「W杯の関連銘柄は上昇傾向にあります。試合観戦にピッタリの4Kテレビを扱う家電メーカーや広告関連の電通、スポーツ用品メーカーなどです」

 日本代表メンバーが発表された先月中旬、日刊ゲンダイは「今すぐ仕込むW杯39銘柄」を掲載した(別表の黄色の網掛け)。掲載時(5月13日終値)と、9日の株価を比較したところ、39銘柄のうち36銘柄が上昇。しかも、ネット広告代理店のデジタル・アドバタイジングやセプテーニHD、スナック菓子のカルビー、ポータルサイトのヤフーなど28銘柄は、同期間の日経平均の上昇率4.8%を上回る好成績だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  5. 5

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  6. 6

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    故宮で贋作販売? 騙された日本人旅行者が生々しく証言

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る