上昇率10%超が続々…「W杯関連銘柄」はもっと上がる!

公開日: 更新日:

 株式市場もブラジルW杯開幕に向け盛り上がってきた。日経平均は6月に入り1万5000円台を回復したものの、ここ数日は伸び悩んでいる。市場関係者は、「1万6000円に乗せるには、日本代表の活躍が欠かせない」という。

 松井証券シニアマーケットアナリストの窪田朋一郎氏も言う。
「W杯の関連銘柄は上昇傾向にあります。試合観戦にピッタリの4Kテレビを扱う家電メーカーや広告関連の電通、スポーツ用品メーカーなどです」

 日本代表メンバーが発表された先月中旬、日刊ゲンダイは「今すぐ仕込むW杯39銘柄」を掲載した(別表の黄色の網掛け)。掲載時(5月13日終値)と、9日の株価を比較したところ、39銘柄のうち36銘柄が上昇。しかも、ネット広告代理店のデジタル・アドバタイジングやセプテーニHD、スナック菓子のカルビー、ポータルサイトのヤフーなど28銘柄は、同期間の日経平均の上昇率4.8%を上回る好成績だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  7. 7

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  10. 10

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

もっと見る