輸出と無縁でも急騰 「新・円安メリット24銘柄」を狙え!

公開日: 更新日:

 株式市場に異変が起きている。19日に日経平均は年初来高値となる1万6364円まで駆け上がった。1ドル=109円台という円安進行が株高の背景だが、「これまでの円安相場と様子が違ってきた」(市場関係者)というのだ。

 セオリー通りだと、円安メリットを享受するのはトヨタやホンダ、パナソニック、コマツ、村田製作所などの輸出関連株だ。こうした主力株は19~22日にかけ、揃って年初来高値を更新と、想定通りだったが、実は円安とは無縁にみえる意外な銘柄も急騰した。

 帝国ホテルやビジネスホテルを展開する共立メンテナンス、三越伊勢丹ホールディングスなどだ。日経平均が反落した22日(前日比115円安)も、これらの銘柄は株価が上昇している。共通項は何か。

「訪日客の増加で恩恵を受ける銘柄群です。円安によって、海外の観光客は日本での滞在費や買い物代がこれまでに比べ安く済みます。政府の成長戦略は東京五輪が開催される2020年までに訪日客を2000万人に増やす目標を掲げています。その恩恵を受けるホテルや百貨店、和食関連が、新・円安メリット銘柄として注目され始めたのです」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る