父娘が厳しい監視…大塚家具“究極の踏み絵”に社員が悲鳴

公開日: 更新日:

 父・勝久会長(71)と娘・久美子社長(47)によるバトルが続く「大塚家具」。今月27日の株主総会に向け、委任状争奪戦(プロキシファイト)が激化しているが、両者の間で板挟みになっている現場の社員からは悲鳴が上がっている。

「社員はみな平静を装って仕事をしています。でも、企業価値が下がっていることに対する怒りと同時に、“どちらの側についているのか”と監視される状態に震えています。雑誌では、大塚家のプライベートの情報まで出ていて、不快です。正直、モチベーションは下がりますね。本当に早く終わってほしいです」(大塚家具社員)

 中でも特に社員を悩ませているのが、究極の“踏み絵”だ。大塚家具には、3%の株を保有する「従業員持ち株会」があり、社員約530人が議決権を持つ。通常、議決権は統一行使をするが、今回は異例の扱いで各社員の自由投票となっている。社員は、父か、娘か、どちらかを選ばなければならないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  3. 3

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る