あの企業が虎視眈々 東芝「事業リストラ」で囁かれる身売り先

公開日: 更新日:

 東芝に対する市場の見方が一段と厳しくなっている。16日、株価は一時、年初来安値の361.2円まで売り込まれた。3月に付けた高値から32%の大幅下落だ。

「不適切会計は歴代社長の関与が指摘されるなど根が深い。金融庁も東芝の監査法人に立ち入り検査を行うといいます。不正が発覚した5月中旬には、これほどヒドイことになるとは思わなかった」(市場関係者)

 営業利益のカサ上げは2000億円に上る可能性がある。第三者委員会は16日、不適切会計は組織的だったと認定する方針を固め、報告書を来週20日前後にまとめる。これを受け、21日にも田中久雄社長が記者会見を行う予定だ。田中社長は経営陣の一新などを打ち出すだろうが、市場の関心は早くも次のテーマに移っている。

「東芝は事業売却を検討しています。家電や半導体など不採算部門が対象でしょう。買う側には、買い叩くチャンス。手ぐすね引いて待ち構えている企業はたくさんある」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

もっと見る