資産220億円! ココイチ創業・宗次徳二氏の“大逆転”人生

公開日: 更新日:

 1967年に愛知県の高校を卒業し、不動産会社に就職。3年後、大和ハウス工業へ転職し、伴侶となる直美さんと知り合う。この出会いが、宗次氏の人生を決定づけた。

「孤児院で育ったこともあって、奥さんと常に一緒にいたい気持ちが強かったのでしょう。2人は会社を辞め、喫茶店を始めます。その店で奥さんの作ったカレーが大評判となり、カレー専門店へと進出していくのです」(松崎隆司氏)

 78年に「カレーならここがイチバンや!」の思いを込めた店名で創業。客が自分の好みで、ご飯の量や辛さ、トッピングなどを決められる販売方法がウケたとされるが、実はそれだけじゃない。

「宗次さん本人が言っていましたが、カレー屋って、みんな簡単だと思っているでしょう。工場で作って大鍋で温めて……、ココイチは大鍋からカレーを小鍋に移し替えて温め直す。お皿も喫茶店のコーヒーカップと同じようにお湯で温めている。『この作業を全店でできるのがウチの実力』と言っていました。出前もやっていますが、一人暮らしの老人は店員が様子を見ていると言っていました」(ノンフィクション作家の野地秩嘉氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る