屋号まで消滅 ダイエー創業一族「2人の中内ジュニア」は今

公開日: 更新日:

 ダイエーがついに姿を消す。ダイエーを連結子会社化したイオンが、15年1月の完全子会社化を決定。ダイエー株は12月26日付で上場廃止となる予定で、屋号は18年度をメドになくなるという。

 1957年に中内功氏(05年死去)が創業したダイエーは、72年に売上高で小売業日本一を達成。80年には国内の小売業初の売上高1兆円を突破した。しかし、バブル崩壊後に事業多角化の失敗や本業不振が重なり、04年には産業再生機構入り。

 凋落に拍車を掛けたのが功氏の長男の潤氏(59)だ。33歳で副社長に就くと、欧米流倉庫型店舗のハイパーマート戦略に失敗。赤字を垂れ流し、そのツケでダイエーにカネが回らなくなったのだ。

「潤氏は00年にグループから身を引き、現在は功氏が創設した流通科学大を運営する中内学園の理事長に収まっています。今年の入学式でも祝辞を述べていましたが、大学経営もボロボロで、商学部をはじめとした3学部の偏差値は40台と低迷し、定員割れ。年を追うごとに経営が行き詰まり、12年度決算は30億円の赤字を出しています」(経済誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る