22年冬季五輪に決定の北京「大気汚染と選手移動」に心配の声

公開日:  更新日:

 この国も「公約破り」があるかもしれない。

 国際オリンピック委員会(IOC)は31日、マレーシアのクアラルンプールで総会を行い、22年冬季五輪の開催都市を08年夏季五輪を行った北京(中国)に決定。史上初の夏冬両方の五輪を開催する都市となった。

 アルマトイ(カザフスタン)は落選し、中央アジア初の五輪開催はかなわなかった。

 これにより16年リオ大会(ブラジル)以降の五輪は、18年平昌(韓国)、20年東京、22年北京と、東アジアで3大会連続の開催となる。

 その北京は、すでに雪不足や大気汚染による人体への影響などが懸念されている。また、スキーなどの屋外競技が行われる河北省・張家口は、北京から北西へ約200キロもあり、移動での混乱も予想される。


 現地で取材する記者がいう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る