• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ミシュラン1つ星に評論家絶賛 ラーメン「蔦」の実力とは

 日本のラーメン店が世界で初めて、ミシュランで「1つ星」を獲得した。東京・JR巣鴨駅から徒歩2分の「蔦」。2012年の創業から、いまや2、3時間待ちの行列も珍しくない超人気店だが、うまいラーメン店は他にもあるはず。なぜ、蔦なのか。ちまたのラーメン好きは1つ星獲得に納得しているのか、気になる。

■店主は“ラーメン界のサラブレット”

「店主の大西祐貴さんは36歳で、お父さんが名店といわれる神奈川県藤沢市のラーメン店主、お兄さんも藤沢市で別の有名店をやっているという、ラーメン界のサラブレッドです。若い頃はラーメン好きじゃなかったそうで、アパレル関連企業を経て、お父さんの店を手伝ってから12年に独立した。黒トリュフのオイルとソースを使うなどの独創性もあり、瞬く間に行列店になりました」(業界関係者)

 ちなみにグルメサイト「食べログ」での蔦の評価は、5点満点で4.08点(2日現在)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事