ニッケル開発失敗で再燃 住友商事・中村社長に引責辞任説

公開日: 更新日:

 住友商事の中村邦晴社長(65)が辞任するのではないかとの観測が駆け巡る。

 中村氏を巡っては、昨年、米シェールガスオイルの開発失敗で2400億円の巨額損失を出し「引責辞任必至」といわれたが、ひとまず免れた経緯がある。ここにきて辞任説が再び囁かれるのは、アフリカのマダガスカルのニッケル開発・精錬事業が失敗に終わりそうだからだ。

 世界最大級のニッケル開発・精錬事業を華々しく打ち上げたのは2007年のこと。当初は10年後半に生産開始するとしていたが、ニッケルの国際価格が下がったうえ、現地の政権が交代したり、操業率が上がらずで延期が続いた。

 昨年、ようやく生産を開始したが、ニッケル価格の急激な下落と現地のストライキで黒字化のメドは立っていない。開発投資は積み上がり、その額は2000億円近くに膨れ上がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る