1万4000円割れも 恐怖のジンクス「参院選後は必ず株安」

公開日: 更新日:

 参院選に絡む株価ジンクスが兜町で話題に上っている。

「英EU離脱や、バングラデシュのテロなど、市場に影響を与える海外要因が相次ぎ、これまで参院選は市場の材料になっていませんでした。ところが投票日直前になって、とんでもない悪材料として注目を集め出しています。相場ジンクスは『参院選後は株安』なのです」(証券アナリスト)

 21世紀に入ってから、参院選は5回行われている。株価の動きを追うと、確かに選挙後の株価は下落傾向がクッキリだ。

 2001年は“小泉人気”が巻き起こり、自民が圧勝した。投票日直前の日経平均は1万1798円だったが、投票日翌日は下落(マイナス1.9%)した。

 04年は民主党が躍進。投票日翌日の日経平均は1.4%アップしている。13年は同じく若干上昇した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

もっと見る