円高も喜べない…英EU離脱で国内旅行会社に思わぬ“逆風”

公開日: 更新日:

 24日のEU離脱ショックは、トヨタ自動車やパナソニックなど日本を代表する輸出型企業の株価を直撃したが、金融市場が転んでも、投資家はただでは起きない。「円高メリット銘柄」を物色する動きも出ている。

 分かりやすいのは製粉や製紙などの輸入業種だが、旅行会社もそのひとつ。円高で海外に行きやすくなれば、売り上げアップが見込める。

 たとえば、海外旅行取扱高2位の「エイチ・アイ・エス」だ。市場がパニックに陥った24日こそ前日比200円安の3060円も、週明けの27日には同225円高の3285円と反発。出来高も24日の71万株から、27日は95万株に増えた。

 まあ、それも当然で、アベノミクスによる円安で、海外旅行者数は2012年の1849万人をピークに、昨年は1621万人と右肩下がり。円安デメリットをモロに受けていたのが、ようやく“反転攻勢”に出られる。旅行会社はウハウハかと思いきや、「痛しかゆしでしょう。インバウンド(訪日外国人旅行者)にとっては超円高が逆風になるからです」とは、ある旅行会社の中堅社員だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 2

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  3. 3

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  4. 4

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    小室圭さん“10月婚”に焦り「解決金」決着で共感得られるか

  9. 9

    和歌山で地震が頻発…本当に南海トラフと無関係なのか?

  10. 10

    黄金期の3倍稼ぐ石橋貴明 “ぼっちYouTuber”化の哀しき晩年

もっと見る