渦中のコインチェックを買収 マネックスが得るメリットは

公開日: 更新日:

 最終調整段階と報じられているネット証券大手のマネックスグループによる仮想通貨交換業者「コインチェック」の買収。双方の利害が一致した結果のようだ。

 今年1月に不正な外部アクセスによって580億円相当の仮想通貨「NEM」が流出した事件を起こしたコインチェックは、いまだに正規の登録業者ではなく「みなし業者」。金融庁から2度にわたって業務改善命令を受けており、別の企業の傘下に入って経営を立て直さなければ、登録業者になれず廃業の恐れもある。

 一方、仮想通貨の交換事業をみずから手がけることを検討していたマネックスにとっては、コインチェックを傘下に収めることで仮想通貨ビジネスへ参入できるだけでなく、時間をかけずに国内最大規模の市場占有率を確保できるうまみがある。

 実際、金融当局はコインチェックの規模が大きすぎるため、潰すこともできず、経営刷新のために引受先を探していて、メガバンク、大手証券、商社、FX業者、IT会社など複数の企業が浮上していた。買収のネックはコインチェックの潜在債務の規模が不明なことだといわれていたが、マネックスはそれでもメリットが大きいと判断したようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る