ハウスドゥ・安藤正弘社長<2>不動産のFCビジネスをやろう

公開日: 更新日:

 古田敦也をイメージキャラクターに起用している「ハウスドゥ」は、不動産売買仲介のフランチャイズビジネスを展開している会社だ。現在、FC店舗数は全国501店舗に拡大している。東証1部上場、年商約170億円の注目企業である。

 創業社長の安藤正弘は、26歳の時、京都の実家の服飾店の隅に3坪を借りて、不動産業をスタートさせている。30歳の時には、15人の社員を抱え、年間利益を1億5000万円まで伸ばしたが、喜びを感じられなかったという。

「自分の人生を懸けて京都ナンバーワンの不動産会社にしたいと考えた時、何かちっちゃいなと。まだナンバーワンにもなっていないのに、自分の目標は大したことないなと思ってしまったんです(笑い)」

 そんな頃だ。ビジネス雑誌を読み漁っているうち、ソフトバンクの孫正義の記事に目が留まる。孫が掲げる経営理念を読み進めるうちに「この人はすごい」と直感し、孫のような熱い思いを持ってビジネスをしたいと考えた。自問自答した安藤は、自分にとっての幸せとは「自分の能力を自分のためではなく、人に喜んでもらうことをするために使うことだ」と気づいたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る