ハウスドゥ・安藤正弘社長<4>リーマン・ショックを予期

公開日: 更新日:

 不動産売買仲介のフランチャイズチェーンを展開する「ハウスドゥ」。イメージキャラクターの古田敦也が登場するテレビCMで思い出す方も多いだろうが、2005年まで、社名は「オリエントハウジング」だった。社名変更のヒントは、社長の安藤正弘が渡米した際、ニューヨークのスポーツ用品「ナイキ」の店で見た「Sports Do」だったという。

「シンプルなネーミングがいいし、活動的なイメージもあるでしょ。私もアンドゥ(安藤)やし(笑い)」

 翌06年、「ハウスドゥ」と社名を変えると同時にフランチャイズビジネスをスタートさせた安藤は、2年後の08年に起こったリーマン・ショックの時、非凡な目利きを発揮している。

「リーマン・ショック前の不動産プチバブルの頃、土地が高値になって買う理由がわからなくなったんで、買い控えしたんですわ。それだけやなしに、手持ちの不動産在庫も少し値引きして売っていきました。一方で、ファンドから安く売りに出ていた収益物件を40億円で買った。プロは割安になったら買いが鉄則ですから。その物件は利回りが13%ぐらいあって、年間で5億円強の家賃が入ってきましてね。遊んでいても家賃が入ってくるわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

もっと見る