ハウスドゥ・安藤正弘社長<4>リーマン・ショックを予期

公開日: 更新日:

 不動産売買仲介のフランチャイズチェーンを展開する「ハウスドゥ」。イメージキャラクターの古田敦也が登場するテレビCMで思い出す方も多いだろうが、2005年まで、社名は「オリエントハウジング」だった。社名変更のヒントは、社長の安藤正弘が渡米した際、ニューヨークのスポーツ用品「ナイキ」の店で見た「Sports Do」だったという。

「シンプルなネーミングがいいし、活動的なイメージもあるでしょ。私もアンドゥ(安藤)やし(笑い)」

 翌06年、「ハウスドゥ」と社名を変えると同時にフランチャイズビジネスをスタートさせた安藤は、2年後の08年に起こったリーマン・ショックの時、非凡な目利きを発揮している。

「リーマン・ショック前の不動産プチバブルの頃、土地が高値になって買う理由がわからなくなったんで、買い控えしたんですわ。それだけやなしに、手持ちの不動産在庫も少し値引きして売っていきました。一方で、ファンドから安く売りに出ていた収益物件を40億円で買った。プロは割安になったら買いが鉄則ですから。その物件は利回りが13%ぐらいあって、年間で5億円強の家賃が入ってきましてね。遊んでいても家賃が入ってくるわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る