吉野家&はなまるで好評 「共通定期券」のしたたかな戦略

公開日: 更新日:

 今年3月15日から300円で発売された期間限定(4月1日から5月7日まで)の「吉野家・はなまる共通定期券」は、大好評を博しました(1店舗600枚限定販売)。

 それもそのはず、300円の定期券を会計時に見せるだけで、吉野家の丼、定食、カレーなどが1食ごとに80円引きになり、吉野家傘下の讃岐うどんチェーン「はなまる」では、てんぷら1品が無料になる――という大盤振る舞いだったからです。

 380円の牛丼並盛なら、80円引きで300円なので実質21%もの割引率です。吉野家の営業利益率は2%程度ですから、牛丼だけの注文では完全な赤字でしょう。

 しかも、会計時に同伴者の料金もまとめて払えば、何食分でも80円引きに! 4人一緒に牛丼を食べると、320円分の割引なので1回で定期券の元は取れます。1人で4回牛丼を食べても同じです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  6. 6

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  9. 9

    徳井と田村の復帰成功の裏でツキにも見放された宮迫の悲哀

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る