有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし取材・執筆中。「『ゴーン神話(マジック)』の終焉 日産を覆う不安の正体」(「月刊現代」2006年12月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号)などを執筆。「日産 独裁経営と権力抗争の末路――ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜」(さくら舎)を3月に上梓。

JAL倒産<下>稲盛和夫会長「日航は八百屋も経営できず」

公開日: 更新日:

 国土交通相の前原誠司が日本航空(JAL)再生の切り札として白羽の矢を立てたのは、京セラ名誉会長の稲盛和夫だった。前原の選挙区は京都。京セラは京都を代表するハイテク企業のひとつだ。地縁もあって稲盛は長らく前原を支援してきた。

 前原は「文芸春秋」(2016年新年特別号)に「日本航空破綻 稲盛さんも呆れた無責任体質」を寄稿した。

〈(稲盛にJAL会長就任を2009年)10月から2度お願いしていたのですが、けんもほろろに断られていた。ただ、断りながらも日本航空の状況を聞いてこられ、興味が全くないわけでもなさそうでした。そして12月、メガバンクの頭取3人の合意を取り付け後に会いに行くと、「法的整理をするのならCEOを受ける」と仰ってくださった〉

“倒産”という最悪の事態になってもJALの意識は変わらなかった、と前原は言及した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る