有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし取材・執筆中。「『ゴーン神話(マジック)』の終焉 日産を覆う不安の正体」(「月刊現代」2006年12月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号)などを執筆。「日産 独裁経営と権力抗争の末路――ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜」(さくら舎)を3月に上梓。

セブン&アイHD 鈴木天皇の辞任<下>“鈴木家の世襲”を告発

公開日: 更新日:

「弊社は、株式会社セブン&アイ・ホールディングス(HD)の井阪隆一氏を経営から外し、株式会社セブン―イレブン・ジャパンの代表取締役社長最高執行責任者(COO)の職を解く噂を耳にし、大きな懸念を持っております。(中略)鈴木(敏文)会長が御子息である鈴木康弘氏を将来のセブン―イレブン・ジャパン社長に、そして、やがてはセブン&アイHDのトップに就ける道筋を開くという別の噂を耳にしています。この噂が真実だとすれば、鈴木会長のトップとしての適性と判断力に重大な疑問が生じ、会長が御グループのために的確な判断を下しているのかどうかが疑われることになります」

 大株主で「物言う株主」として知られる米ヘッジファンド、サード・ポイントのダニエル・ローブ最高経営責任者(CEO)は16年3月27日(米国時間)、セブン&アイHDの取締役会に書簡を送り、書簡は公開された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  4. 4

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る