月500円で卵かけごはん無料店も 「定額飲食店」のカラクリ

公開日: 更新日:

 DVDや漫画のレンタル、音楽・映像の配信サービス、フィットネスクラブなどは、今や毎月決まった額を払えば何度でも使えるという定額制が通常になりつつある。そんな中、飲食店でもここ数年で定額制を取り入れる店舗が増加中。

 たとえば、カフェでは2016年からいち早く定額制を取り入れたのが、「coffee mafia(コーヒーマフィア)」だ。西新宿にある1号店に加えて、今年1月に飯田橋にもオープンしている。ここでは月額3000円を払えば、通常1杯300円のラージサイズコーヒーがいつでも無料となるなどのサービスが受けられる(1回の来店につき1杯まで)。月額6500円会員なら、スペシャリティーコーヒーを除いたすべてのドリンクがいつでも無料だ。来店時には、アプリの画面を見せればOK。取材時に来店したサラリーマンに話を聞いてみた。

「会社がすぐそばにあり、仕事の休憩がてら1日3~4回利用しています。今まではカフェに行く習慣はなかったのですが、休憩のたびに自販機やコンビニで100円のドリンクを買うよりも、こちらのほうが安上がり。しかも一杯一杯ハンドドリップで入れているので味も違いますし、店員さんとコミュニケーションが取れるのも気分転換になっていい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る