個別購入とどっち 定額制「サブスクリプション」のお得度

公開日: 更新日:

「ネット環境が整い、場所や端末を選ばず、音楽や動画を楽しめるようになり、一つ一つの作品をその都度購入してダウンロードするより、月々一定額を支払って最新のものを自由に利用できる方が便利だと感じる人が増えているのでしょう。個別に購入するのとどちらが得かというと、パソコンソフトの比較では、それほど変わらないという結果が出ていますが、映画や音楽、雑誌などのサービスは、コンテンツ1つくらいの価格で実質使い放題。かなりお得だと思います」

 注意したいのは、ほとんど利用しなかったり、契約していること自体を忘れたりする人が少なくないこと。どれくらい利用しているか、どんなサービスに加入しているかは、定期的にチェックすべきだ。契約を解除すれば、翌月からは料金を支払わなくて済む。

「自分で選ばないような作品と出合えるメリットはありますが、本当に残しておきたいものは個別に購入するなど、使い分けは必要でしょう」

 試してみますか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  4. 4

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  8. 8

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  9. 9

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  10. 10

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る