女性ひとり暮らしの引っ越し アンペア数下げ6000円の節約

公開日: 更新日:

 来年10月には消費税が10%に増税される。増税分をカバーするため、日刊ゲンダイ独身アラサー女性記者は先日、引っ越しをした。税法では家賃に消費税を課税することができないが、リフォーム費用や管理費、水道光熱費などの諸経費は上がる。もちろん、引っ越し業者の代金も値上がる。それを見据えて、行動した方がよさそうだ。

 女性記者といえども仕事の付き合いも多く必然的に家の滞在時間が少なくなる。常々、家賃がもったいないと思っており、この際だからと丸ノ内線・新大塚駅の9万5000円(管理費込み)のマンションから、文京区内の7万5000円(同)へ引っ越し、2万円浮かせた。

 新築の1K(8畳)、独立洗面台付きの温水洗浄便座から、築13年の1K(6畳)のユニットバスの手動トイレに“都落ち”感はあるが、年24万円の削減だ。


 今年はドライバー・トラック不足も社会問題になったが、単身者にとって業者に頼むのはコスパが悪い。大手引っ越し業者(通常期、荷物少なめの単身、市区町村内移動)の平均は3万円。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

もっと見る