本駒込「caféちゃんと」営業形態も食材も自然体がモットー

公開日: 更新日:

 地下鉄南北線の本駒込駅から徒歩8分。閑静な住宅街に「caféちゃんと」はある。喫茶店向きの立地とは言えないが、マスターの田所信浩さんは「あえてこの場所にしました」と語る。むろん駅前で店を開いた方が利益は出そうなことは分かっている。しかし、「それよりも『おいしかった』と言われることが大事です」。メニューには相当なこだわりがある。コーヒー豆はほぼ無農薬栽培に限定。そのためか、産地はラオスのロンラン村、東ティモール、ウガンダなど、なじみの薄いところが並ぶ。

「卸業者の品ぞろえに無農薬のコーヒー豆って少ないんですよ。だから仕入れ先が複数あります」

 カレーやパウンドケーキなどのフードメニューには、肉や卵など動物性タンパク質の入っているものを使わない。

 それだけ手間がかかるはずだが、「ちゃんとしたものを提供しよう」という意味を込めて付けた店名と違うことはできないという強い思いがある。駅から少し離れた場所に店があるのも、一品一品を「ちゃんと」提供するためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る