本駒込「caféちゃんと」営業形態も食材も自然体がモットー

公開日: 更新日:

 地下鉄南北線の本駒込駅から徒歩8分。閑静な住宅街に「caféちゃんと」はある。喫茶店向きの立地とは言えないが、マスターの田所信浩さんは「あえてこの場所にしました」と語る。むろん駅前で店を開いた方が利益は出そうなことは分かっている。しかし、「それよりも『おいしかった』と言われることが大事です」。メニューには相当なこだわりがある。コーヒー豆はほぼ無農薬栽培に限定。そのためか、産地はラオスのロンラン村、東ティモール、ウガンダなど、なじみの薄いところが並ぶ。

「卸業者の品ぞろえに無農薬のコーヒー豆って少ないんですよ。だから仕入れ先が複数あります」

 カレーやパウンドケーキなどのフードメニューには、肉や卵など動物性タンパク質の入っているものを使わない。

 それだけ手間がかかるはずだが、「ちゃんとしたものを提供しよう」という意味を込めて付けた店名と違うことはできないという強い思いがある。駅から少し離れた場所に店があるのも、一品一品を「ちゃんと」提供するためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  10. 10

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

もっと見る