柏木理佳
著者のコラム一覧
柏木理佳生活経済ジャーナリスト

1968年生まれ。生活経済ジャーナリスト。城西国際大学院国際アドミニストレーション研究科准教授。MBA(経営学修士)取得後、育児中に桜美林大学大学院にて社外取締役の監査・監督機能について博士号取得。香港、シンガポール、豪州、中国に滞在し、世界15カ国の人と働いた経験を持つ。著書は「デキる女にはウラがある」(あさ出版)など多数。

親の仕送りは過去最低「お金ないから大学辞める」の対処法

公開日: 更新日:

 5月のGW明けは、どこの大学でも欠席者が増えます。私が受け持っていた講義でも、サボリや五月病で欠席していると思いきや、「お金がないから退学を決意した」と言われ驚きました。

 東京私大教連の調査では、昨年度の親の仕送りは、調査開始以来、過去最低の8万3100円。教育のための借金は238万円。年を追うごとにどんどん苦しくなっています。

 親世代にあたる50代の年収は、年齢階級別(世帯主)で最も高い平均約778万円、1人当たり281万円(国民生活基礎調査=2018年7月公表)。ですが、私たちバブル世代は年収1000万円が当たり前の時代を過ごしてきただけに、今はガタ落ちの印象を受けます。いつも金欠病、常に満たされない、心細い感じがします。

 地方はなおさらシビア。北海道の村山カヨさん(仮名・56歳)は、「10年前の年収は600万円台。でも今は400万円ほどに減った。家のローンもあり、高校生の次男もいるから、長男への仕送りを7000円減らした」と嘆きます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  2. 2

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  3. 3

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  4. 4

    丸山議員が“宣戦布告” 日本がロシアに戦争を仕掛けたら?

  5. 5

    丸山議員は囲み取材わずか2分 本紙の直撃にも“逃げの一手”

  6. 6

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  7. 7

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  8. 8

    私は転ばない…小川榮太郎氏との「過激な対談」が楽しみだ

  9. 9

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  10. 10

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る