小林佳樹
著者のコラム一覧
小林佳樹金融ジャーナリスト

銀行・証券・保険業界などの金融界を40年近く取材するベテラン記者。政界・官界・民間企業のトライアングルを取材の基盤にしている。神出鬼没が身上で、親密な政治家からは「服部半蔵」と呼ばれている。本人はアカデミックな「マクロ経済」を論じたいのだが、周囲から期待されているのはディープな「裏話」であることに悩んで40年が経過してしまった。アナリスト崩れである。

敏腕社外取・夏野剛氏が仕掛ける「ドワンゴ」再生の成否

公開日: 更新日:

 ニコニコ動画で一世を風靡し、スタジオジブリにも「プロデューサー見習い」として参画していた川上量生氏が2月13日、自ら創業したドワンゴの取締役を退き、親会社のカドカワ社長も辞任した。

 ドワンゴが昨年11月に鳴り物入りでリリースした位置情報ゲーム「テクテクテクテク」が大コケし、カドカワが43億円の赤字に転落した責任を取った格好だが、事はこれで終わりとはいかないようだ。

 川上氏と同時にドワンゴ社長を辞任した荒木隆司氏の後任に、あのiモードの生みの親として知られる夏野剛氏が就いたのだ。「夏野氏は一度、ニコニコ動画の黒字化に成功した実績があることから白羽の矢が立ったようだ」(関係者)というが、夏野氏が社長就任直後に打ち出したのはドワンゴの大幅減資という劇薬だった。 

「当社は、資本金の額を百五億一千六百三十万二千円減少し一億円とすることにいたしました」 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る