小林佳樹
著者のコラム一覧
小林佳樹金融ジャーナリスト

銀行・証券・保険業界などの金融界を40年近く取材するベテラン記者。政界・官界・民間企業のトライアングルを取材の基盤にしている。神出鬼没が身上で、親密な政治家からは「服部半蔵」と呼ばれている。本人はアカデミックな「マクロ経済」を論じたいのだが、周囲から期待されているのはディープな「裏話」であることに悩んで40年が経過してしまった。アナリスト崩れである。

敏腕社外取・夏野剛氏が仕掛ける「ドワンゴ」再生の成否

公開日: 更新日:

 ニコニコ動画で一世を風靡し、スタジオジブリにも「プロデューサー見習い」として参画していた川上量生氏が2月13日、自ら創業したドワンゴの取締役を退き、親会社のカドカワ社長も辞任した。

 ドワンゴが昨年11月に鳴り物入りでリリースした位置情報ゲーム「テクテクテクテク」が大コケし、カドカワが43億円の赤字に転落した責任を取った格好だが、事はこれで終わりとはいかないようだ。

 川上氏と同時にドワンゴ社長を辞任した荒木隆司氏の後任に、あのiモードの生みの親として知られる夏野剛氏が就いたのだ。「夏野氏は一度、ニコニコ動画の黒字化に成功した実績があることから白羽の矢が立ったようだ」(関係者)というが、夏野氏が社長就任直後に打ち出したのはドワンゴの大幅減資という劇薬だった。 

「当社は、資本金の額を百五億一千六百三十万二千円減少し一億円とすることにいたしました」 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  2. 2

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  3. 3

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  6. 6

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  9. 9

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  10. 10

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る